未分類

ステップ2 「単価と客数を決める」

「確実に売れる商品を作る7つのルール」

今日は2日目、ステップ2「単価と客数を決める」というお話です。

例えば、

今回僕がやるコンサルタントになりたい人向けの商品のように、

自分の労働時間を提供することによって収入を得るという

労働集約型のビジネスを対象にお話しすると、

基本的に売上目標に対して、

ますは日給っていうものを決めていきます。

例えば、

コンサルタントだと、

すごい稼働する人で15日くらいが多いんですが、

月300万稼ぐ目標に対して15日で実現するとしたら、

コンサルの稼働1日あたりが、

20万円の日給にならないといけないわけです。

例えば、

20万円の日給を実現するにはどうしようかってなったときに、

それを、「人数×単価」で割るわけですけど、

その方法はいく通りも選べます。

1社に1日でコンサルティングして20万円いただくでもいいし、

1人4万円で1時間のコンサルティングを1日5人するでもいいし、

1人1万円の参加費で20人一斉に

セミナーやるでも手段はいく通りでもあります。

いずれにしても、

どの単価×人数ていうのが自分の商品構成を作っていくときに

向いているかを考える必要があります。

本質的には単価が高い商品を作ることが、

メリットは大きいわけですが、

単価が高い商品でやるためには当然、同業他社やライバルよりも

価値が高いものを提供しないといけませんので、

あなたがまだ実力が足らなかったりするのであれば、

単価が高いところからスタートすることはできないので、

集客と自分が提供できる価値の予測からざっくり日給単価に

落とし込んでいくことをお勧めします。

明日は、

ステップ3

「ステップ2で決まった単価で売れるコンセプトを決める!」

このコンセプトをお客さんは購入しています。

コンセプトはお客さんが購入後に得られる未来です。

ここがしっかり決まらないと売れませんので、

明日のステップ3でしっかり落とし込んでくださいね!

関連記事

  1. 未分類

    儲かるインターネットビジネスの具体例

    こんにちは!市川真也です。…

  2. 未分類

    ステップ5.6 「商品企画をベースにした商品開発」「実際に売る」

    商品企画をベースに商品を実際に作り込んでいく作業になります。…

  3. 未分類

    ステップ3 「決まった単価で売れるコンセプトを決める」

     今回はステップ2で決めた単価でしっかりした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    【あれもこれもやらない!】
  2. 未分類

    ステップ5.6 「商品企画をベースにした商品開発」「実際に売る」
  3. 未分類

    SOSの法則 「そう、思ったら、そう」夢が次々叶う!
  4. 未分類

    儲かるビジネスって腐るある?
  5. ビジネス実践スクール

    必ず成長し成果を達成出来るトレーニングシステム
PAGE TOP